金を上手に買取してもらう為の交渉術

金を上手に買取してもらう為の交渉術 金やプラチナに関する買取交渉のコツとしては、色々な店に行くことが挙げられます。
買い取ってもらえるリサイクルショップはかなり多いため、店が少なくて困るということはありません。
そして、最低でも三店舗は回ってみることが重要です。
売る量が多くなれば、何万円と違ってくる場合がありますので、最低でも三店舗という数を意識し、できるだけ多くのリサイクルショップに足を運ぶことが大切です。
多くのリサイクルショップで交渉し、より高い価格を提示してもらえた店舗で売れば良いことになります。
また、初めて行く店のほうが買取価格が高いというポイントを踏まえておくこともコツになります。
金やプラチナを売りに来る人というのは、まだ家にも大量に金やプラチナがある可能性が高くなります。
そのため、リサイクルショップ側としては、そのような人をリピーターにさせたいと考えます。
リピーターにさせるために、初来店時は高めの買取価格を提示してもらえる場合があるというわけです。
リサイクルショップ側は高めの買取価格を提示することでリピーターになってもらおうとしますので、その価格で売れば他の店舗より高く売ることができます。

日本の金・プラチナのアクセサリー買取歴史

日本の金・プラチナのアクセサリー買取歴史 日本では金やプラチナなどアクセサリー買取の歴史はそんなに長いわけではありません。
今でこそアクセサリー買取を行う専門店は街中やインターネット上で目にする機会が多くなっていますが、約20年前はそういった類の買取専門店というものは殆どなく、売ろうと思った時には質屋か買取もする宝石店に持ち込むしかありませんでした。
この背景には金やプラチナの相場が低かったというものがあります。
80年代前半に一時的に高値が付いた日もありましたが、それ以外は下がり続け90年代辺りはだいたい1グラムが1000円前後で推移していました。
相場はじわじわと上昇を始めたのは2000年代前半からで、2016年には4000円を突破しており、現在のように買取専門店が多く見られるようになっています。
また、店が増えたのには前述の相場が上昇したことと初期経費や在庫リスクなどが少なく出店のハードルが低いことも挙げられます。
以上、簡単に買取専門店の歴史を振り返ってみました。
アクセサリーを持ち込むことのできる選択肢が増えたので迷うこともあるかと思いますが納得のいく買取をしてくれる専門店を見つけましょう。